イディルシャイア居住区

FF14のジョブについてや、戦闘用のガイドを主に書いています。 魚の記事はおまけです。

si-pikuru
【シーピクル】
ハイルブラント島周辺の浅瀬に生息する棘皮動物。
決して氷の中から現れた原人ではない。
棘皮動物というのはウニ、ヒトデ、ナマコ、ウミユリなんかのことらしい。
読んで字のごとくトゲのある連中のことだったのだがウニ等と近縁の種ならいれてやるかみたいな感じでトゲがなくてもこれに分類されるらしい。
多分海にいる謎の生物枠だとでも思っておけばいのかもしれない。

isonotourou
【磯の灯篭】
緑色に光るイソギンチャク。
リーヴ納品対象な上にたくさん取れるので安いおかげでレベリングに非常に役に立つ。
詩的な名前をしているがイソギンチャクなのでどうせ気持ち悪い。

sukaruputa-
【スカルプター】
湖畔地帯に居るサメ。
ヌシではないもののその釣りづらさはヌシ級。
というかもはや湖畔地帯のヌシよりも釣りづらい。
1匹蒐集品として釣りあげるだけでなんと800枚以上もの黄貨にすることができる。
パッチが進み魚の種類が増えてしまったことで初期よりも釣りづらいまである。
魚類図鑑梅の壁。

siroika
【シロイカ】
白いイカ。
てんぷら盛り合わせの材料になる。
イカって基本白いので特別名前にするほどか?という感じではある。

reinnbo-torauto
【レインボートラウト】
日本語に直すとそのままニジマスである。
マスとサケの差は前にも触れたがなかなか難しい。
渓流に釣りに行くと良く居る。

sannda-boruto
【サンダーボルト】
雷気を発する淡水魚。
相手のフィールド上のモンスターカードを全て破壊する効果はない。
筋肉が発電板に発達しそこで発電を行っている。
頭側が+で尾側が-である、ナマズは逆らしい。
他の発電できる生き物に比べると発電パワーが強力なで、捕食や自衛にも電気を使用できるほどである。

basabasa
【バサバサ】
食感が悪そうな名前。
てんぷらに向いてそうな見た目。

oyaziuso
【オヤジウオ】
水槽に入れることもできるヌシ。
コメントしづらい顔をしている。
おじさん(ナポレオンフィッシュ)という魚が実在するが、あまり似ていないのでモデルになっていたりはしない気がする。

釣れる場所が洞窟にある水たまりのような場所でなんでこんなところに魚が?と思ってしまうような場所。釣れる時間はET2時間と短いが水槽に入るということもあってかつり上げ難易度はそんなに高くはない。

monkeonke
【モンケオンケ】
はるか昔、南洋から来たララフェル族「モンケ・オンケ」が、友好を示すため角尊に贈った観賞魚の子孫らしい。
名前が確かにララフェルくさい名前である。
しかし観賞用にエイを送るのはセンスがまた微妙ではないかと思わなくもない。

AZISUFISYU
【アジスフィッシュ】
アジスラーにいる魚。
オパビニアを釣る邪魔をしてくるのでヌシ釣りオタクの敵。
ゆるせねえ魚シリーズの1匹。
記事検索
権利表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

↑このページのトップヘ