イディルシャイア居住区

FF14のジョブや戦闘用のガイドを主に書いています。 魚の記事はおまけです。

トスイッチビアード
【トゥイッチビアード】
ラノシア地方、ミストヴィレッジにいるヌシ。
大きな皮膜を持つタコには、ムラサキダコというタコがおり、それがモデルになっているかもしれない。
毛布だこやコロモダコの別名で呼ばれる、ff14には別にコロモダコというタコがいるがアイコンは普通のタコで皮膜は大きくもなさそうなので関係あるのかないのかは不明。
挑戦可能な時間が2時間と短いうえに、エサがフルムーンサーディンと泳がせであるため、トライの回数も稼ぎずらく地味に厄介。
天候制限もあるため、釣るためのゲーム無い時間はさほどかからないが、リアルの時間は決行食われるタイプのヌシ。
条件が合致しているときは早いうちからちょこちょこ通うといいかもしれない。

遊泳可能エリアに巨大だこいたら普通におびえる。

baiogapiraruku
【バイオガピラルク】
アジス・ラーのデルタ管区のヌシ。
同じ釣り場にいるバイオピラルクも激震であるので少々厄介。
バイオピラルクの大型なのでバイオガピラルクという安直なネーミングである。
バイオラピラルクはどこへいったのだろうか。

feari-kui-m
【フェアリークイーン】
低地ラノシア、エンプティハートのヌシ。
外来種のダークバスを駆逐するほどの闘争心を持つらしい。
このフェアリクイーン、個人差はあるかもしれないがかなり逃げられた記憶があり厄介なヌシであったように感じる。
竿に掛かるが逃げるタイプの魚は地味にフラストレーションがたまるので悲しい。

yoroi
【鎧魚】
低地ドラヴァニア、サリャク河のオオヌシ。
体に細菌を宿し光るため、貧乏学生がランタンの代わりにしたという逸話が残っている。
蛍雪の功のような話だがオオヌシを貧乏学生の釣りのセンスが光っている。
鎧をまとっているような魚なのでとてもではないが食べられなさそう。
蒼天オオヌシのクソ雑魚枠なのでかなり簡単に釣り上げることが可能。
最近水槽に入るようになった。僕はそのアプデが来る前に分解してしまって悲しい。

vizo-vuniru
【ヴィゾーヴニル】
ドラヴァニア雲海、エイルトームのヌシ。
釣り餌はブルートリーチ。
アストロノータスのアルビノがホワイトオスカー、さらにそれの大物となる。
なんだかかなり貴重そうだが釣るのは難しくない。
水槽に入れてどや顔したいが入らない。
どこかで聞いたことがあるドラゴンの名を冠しており、できれば釣りあげておきたい一匹。

figer
【フィンガーズ】
釣り上げられる度に、漁師の指を鋏で切断し、逃げおおせてきた。
そのお陰で、竿を握れなくなった者も少なくない。
西ザナラーンはクレセントコーヴのヌシ。
エサはポーラークリル。
クレセントコーヴというちょっとおしゃれな名前の小さな漁港跡地のような場所のヌシ。
どうやらここは霊災の影響で寂れてしまった漁村らしく、非常に寂しい集落。
このフィンガーズ、天気などの条件は無いものの、釣ることが可能な時間がわずかET1時間分(現実時間で3分)という曲者。
これだけを狙うと待ち時間が非常に厄介なのでヌシ釣りめぐりをしている際の微妙な空き時間などに足繁く通うようにするといいかもしれない。


mogurugu
【モグルグポンポン】
グリーンスウォード島のヌシ。
モグモグホーム初代長老のポンポンのなれのはてと言われているが、水棲生物なのでもちろんそんなことはない。
ブルートリーチというワームで釣れるのだがいったいどのように食ってるのだろうか?
このヌシ、あまりにも天気の条件が厳しくほとんど来ないため天気が揃ったら最優先で向かおう。

ta-mine-ta
【ターミネーター】
十二神大聖堂のヌシ。
魚を生きたまま捕食するというツワモノ。
しかし釣り餌は泳がせ釣りではなくバターワームなのでガバガバ。
時間制限が2時間しかなく短いこと以外は特に大したことはない。
そのハサミでエターナルバンドを切断するカニ。

oogoenamazu
【オオゴエナマズ】
大きなウナリナマズ。
オオゴエナマズとはまた安直なネーミングである。
低地ラノシアはモーニングウィドーのヌシ。
エサはモスプパであり非常にお安い。
簡単に釣り上げることができるのでヌシ釣り入門向きの魚。

koerakantosusu
【コエラカントゥス】
幻影諸島南岸のヌシ。
フルムーンサーディンの泳がせで釣ることができる。
オオヌシと条件が被っているためオオヌシを釣りに来ているときにぽこぽこ連れてしまう。
わざわざこれを狙って釣りに行くことは少ないかもしれない。
記事検索
権利表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

↑このページのトップヘ