イディルシャイア居住区

FF14のジョブについてや、戦闘用のガイドを主に書いています。 魚の記事はおまけです。

sunagakure
【スナガクレ】
開拓者の間で噂となっているヌシ。あまりにも完璧に砂に潜るため、実は存在しないという疑いがもたれている(ff14魚類図鑑より)
中央ラノシア、西アジェレス川のヌシ。
このヌシは噂のわりにあっさり釣れる。
セカンドワンのほうがよっぽど存在してるのか怪しいという気持ちになる。

iethikira-
【イエティキラー】
大物のスパエキノス。温泉に浸かりに来たイエティの足を傷つけ、その怪我が原因で死に至らしめたことがあるらしい。(ff14魚類図鑑より)
クルザス西部高地、ドラゴンスピットのヌシ。
あまりにも安直なネーミングセンスである。
実際にイエティを死にいたらしめたのはたぶん細菌かウイルス。

シャークトゥーナ
【シャークトゥーナ】
その巨大な魚影を見て、サメと間違える者が続出。なお、ゲゲルジュ氏は、驚きのあまり失禁したことがある。(ff14魚類図鑑より)
非常に情けないエピソードのある魚。
ところでコスタの周りには見るからにサメめっちゃ泳いでるし、ちょっと近くでメガロドンも釣れるのだがそれはいいのだろうか?

pa-ruai
【パールアイ】
カス

doukyou
【銅鏡】
西ザナラーン、ノフィカの井戸のヌシ。
突然変異した銅魚、ウロコが鏡のようになっているらしい。
残念なことに水槽には入らない。
ヌシとしてのグレードは低めなので比較的簡単に釣れるはず。
金魚系のヌシは新生ではほかにミラースケイル、黄金魚がいるので、銅、銀、金魚それぞれにヌシが用意されている。
そもそもこのネーミングセンス自体がまあまあしょうもなくて面白い。

sinnrtakuyaburi
【シンタクヤブリ】
アジムステップ、タオカールのヌシ。
モル族が神託を受け、釣ろうとしていたが、冒険者が釣り上げたことによりその神託が破られてしまったためモル族は神罰を受けるだろうとのこと。
やや罪悪感がある。
しかし、そもそも魚の名前が「シンタクヤブリ」なのはいささかおかしい気もする。
釣り上げたことに、より神託が破られたのだから、元からこの魚が「シンタクヤブリ」なのは鶏が先か卵が先かみたいな話では???
まあもしかしたら冒険者が釣り上げたのちに命名されたのかもしれない、釣り上がった時点では名無し。

gigasya-ku
【ギガシャーク】
中央ラノシア、サマーフォード沿岸のヌシ。
タコやカニと格闘し巨大に成長した鮫。
これを釣り上げたことで多くの人命が救われた。
上記のように説明されていいるが、実はサメはさほど人命を脅かしていない。
ハチの被害のほうがよっぽど多いくらいである。極少数のサメを除いてほとんどのサメはむしろ人間を怖がっている。
ちなみに世界で最も人命を奪っている生き物は蚊。

akumunotane
【アクムノタネ】
高地ドラヴァニア、スモーキングウェイストのヌシ。
ヴァス族の「オソレシラズ」が夜な夜な夢に見るという魚。
オソレシラズという名の生き物の悪夢に出てくる生き物、恐ろしすぎる。

koorinomiko
【氷の巫女】
クルザス西部高地、ベーンプール西のヌシ。
雪から吹雪という移ろい天候の条件だが、天気自体が来やすいものの為トライ自体はそこそこできる魚。
エサがハルオネであり、フィッシュアイ+泳がせという最悪のセットが必要なヌシ。
GPの回復を待たねばいけないため非常に厄介。
氷の巫女という名前は優雅に泳ぐ様からつけられたもので別にあのNPCと直接的な関係があるわけではない。

gokusotuannkou
【ゴクソツアンコウ】
獄之蓋近海に生息する、蒐集品専用の魚。
その厳めしい顔からこの名がついた。
獄卒とは地獄で亡者たちの魂を見張るものたちらしい、閻魔の部下のようなもんだろうか。
アンコウ鍋が食いたい。
記事検索
権利表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

↑このページのトップヘ