イディルシャイア居住区

FF14のジョブや戦闘用のガイドを主に書いています。 魚の記事はおまけです。

sannda-boruto
【サンダーボルト】
雷気を発する淡水魚。
相手のフィールド上のモンスターカードを全て破壊する効果はない。
筋肉が発電板に発達しそこで発電を行っている。
頭側が+で尾側が-である、ナマズは逆らしい。
他の発電できる生き物に比べると発電パワーが強力なで、捕食や自衛にも電気を使用できるほどである。

basabasa
【バサバサ】
食感が悪そうな名前。
てんぷらに向いてそうな見た目。

oyaziuso
【オヤジウオ】
水槽に入れることもできるヌシ。
コメントしづらい顔をしている。
おじさん(ナポレオンフィッシュ)という魚が実在するが、あまり似ていないのでモデルになっていたりはしない気がする。

釣れる場所が洞窟にある水たまりのような場所でなんでこんなところに魚が?と思ってしまうような場所。釣れる時間はET2時間と短いが水槽に入るということもあってかつり上げ難易度はそんなに高くはない。

monkeonke
【モンケオンケ】
はるか昔、南洋から来たララフェル族「モンケ・オンケ」が、友好を示すため角尊に贈った観賞魚の子孫らしい。
名前が確かにララフェルくさい名前である。
しかし観賞用にエイを送るのはセンスがまた微妙ではないかと思わなくもない。

AZISUFISYU
【アジスフィッシュ】
アジスラーにいる魚。
オパビニアを釣る邪魔をしてくるのでヌシ釣りオタクの敵。
ゆるせねえ魚シリーズの1匹。

sukaiwa-mu
【スカイワーム】
雲海を飛び回る浮行生物。
最初説明見たときに淫行生物に見えたんですけど。
見た目のせいだし実際そう見えるのでセーフ。

wahu-
【ワフー】
能美クドリャフカ

howaitookutopasu
【ホワイトオクトパス】
寒冷地に適応した珍しいタコ。
雪の上を這って移動することもあるらしい。
タコはやはり生息域に合わせて擬態し、模様を変える生き物なので雪の多い地域ならこの色になるのは当然といえば当然のような気がするのだけど、現実にこんなタコがいるのかは謎。
おいしくはなさそう。

wa-muofni-mu
【ワームオブニーム】
高地ラノシア、ブロンズレイクシャローのヌシ。
トンベリを丸のみにして緑色になったという話があるくらいなのでよほどの大物だと思われる。
ちなみにニームというのは第五星暦時代に存在していた国で、学者のジョブクエスト等に登場する。
トンベリについての色々も教えてもらえたりするので学者のレベルをあげよう!

soruta-
【ソルター】
東ラノシアに生息するヌシ。
こいつ、ヌシにもかかわらず竿の引きが激震ではなく弱震という曲者。
なので、ハズレかどうかが引きの段階では判別できないので時間のないときでも釣りあげないといけない。一番最初に見つけた人はえらい。
記事検索
権利表記
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です Copyright (C) 2010 - 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

↑このページのトップヘ