イディルシャイア居住区

FF14のジョブや戦闘用のガイドを主に書いています。 魚の記事はおまけです。

カテゴリ:

horo-aizu
【ホローアイズ】
南ザナラーン、リザードクリークのヌシ。
アマルジャ族の連れていたドレイクを川に引きずり込み、その頭蓋骨をかぶっているというのだからとんでもない魚。
ドラゴンを引きずり込むほどの力を持つ魚を冒険者が釣り上げ可能なのかはかなり怪しい。

kunozakira-
【クノ・ザ・キラー】
モードゥナ、唄う裂谷北部のオオヌシ。
ジャノと縄張り争いをしているという設定の為、ここのヌシであるジャノを釣り上げることで漁師の直感が付与される。
ジャノには時間と天気の制限があるがこいつには制限がないので直感さえ付与されてしまえばジャノが釣れる時間帯や天気からはみ出ても直感の時間内は挑戦が可能。
直感の時間は非常に長いため直感さえついてしまえばまずつり上げが可能。
新生当時はペーシェンスがなく、3段階の泳がせは非常に困難だったためこのような長い時間だったのかもしれない。

biggubaipa-
【ビッグバイパー】
常に小さなイールを連れ泳ぎ自身の実が危なくなるとそれをいけにえに差し出すという姑息な魚。
某社のシューティングゲームに出てくる戦闘機はビックバイパーなので実は関係ない。
釣り上げ可能時間が1時間しかないため、何度も何度も通って釣り上げるしかない。

ファットアパース
【ファットパース】
クルザス西部高地、リバーズミートのヌシ。
クルザス西部高地の崖の裏辺りにあるまるで水たまりのような場所にいるヌシ。
本当に狭く魚がいるのがかなり謎。
フグというと海水魚のイメージが強いが、何種類かは淡水生のフグもいる模様。
小さくて割とかわいらしい見た目なので観賞用の魚として人気がある。
こいつは巨大なのでムリ。

ナガレクダリ
【ナガレクダリ】
ギラバニア山岳地帯、スロウウォッシュのヌシ。
上流まで登りきってから下流へと一気に降り、そしてまた上流へ。目的の定かでない行動を繰り返しているという魚。
その行為はさながら意味もなく穴を掘っては埋める拷問のよう。
でもやってることは人間が楽しそうにウォータースライダーを滑るのと大差ないような気もするのでこの魚のことを悪く言うことはできない。
簡単に釣り上げ可能な紅蓮ヌシ入門枠の一匹。

↑このページのトップヘ